abi Walletは、今一番お気に入りの超軽くて丈夫なお財布です。

去年の冬至から今年に入り大寒が過ぎて冬真っ盛りとはいえ夕方、日の沈むのが少しづつ遅くなってきました。

そして、寒さの中にも春を感じる今日この頃です。

来週には、立春も迎えて気持ちはなんとなく私的には春気分です。

春といえば財布を買い換えるのに良い時期だそうです。そんな時にタイムリーに去年4月からテストで使い続けた「abi Wallet第1弾」からabi Wallet第2弾を使えるチャンスをいただきました。

第一弾のテスト品を去年3月にお預かりしてからずっとこの財布を使い続けていました。

当時、abi Walletを使い始めるのが嬉しくて書いた記事がこちらです▼

そして、10ヶ月使い続けたabi Walletと今回の第2弾との比較です。

広告

▲下に写っている茶色い方が第1弾で上に写っている青い方が第2弾です。

第1弾も使い込んでとても味わいが出ていて放し難いのですが第2弾をお預かりしたので早速アラスカレザーのブルーを使い始めました。

この10ヶ月を通して使用した感想を一言で言うならば“超軽くて丈夫です”

この財布を使う以前に私の使っていた財布はというとカードにレシートなどパンパンに詰まったデブ財布でした。それがabi Walletに変えてからは、不要で余分なカードを全てやめて本当に必要でいつも使うカードを3枚に限定して使う様になりました。小銭も入るのですが私の場合、小銭をこの財布に入れません。とにかく丈夫で軽いのを一番の特徴としてお札にカードのみを入れる使い方に変えました。

元々、財布に余分なレシートなどを詰め込んでおくとお金が貯まりにくいと言われています。割引券やレシート、ポイントカードなどありとあらゆるものを詰め込みがちになる財布ですが、余分なものがいっぱいに入った状態になっていると本来入れるべきお札の入る余地がなくなりお金が貯まらない財布になるそうです。

アビさんが作るハンドメイドのレザークラフトは、シンプルで味わいがあります。今回のabi Walletの中身の本体部分には耐洗紙をお使いいただきました。

そのお陰で強さと軽さを兼ね備えたお財布になっています。インスタグラムにはすでに試作も含めてたくさんのコレクションをアップされています。

広告

発売が楽しみですね。

今日のまいどあり⤴️

耐洗紙は、元々クリーニングで洗浄する折に一緒に洗う識別タグです。

共生社もTAGGEDブランドで耐洗紙をクリーニングタグ以外の用途として開発を進めていますがアビさんの様にレザークラフトのお財布の中身に使ってみようと言う発想はありませんでした。

今回の取り組みに耐洗紙の新たな可能性を感じることができます。アビさんには、本当に感謝です。

我々も新たな挑戦として2月8日から10日まで東京ギフトショーに出展いたします。

場所は、東京ビックサイトの東5ホールSMEー27です。この機会に新しい一面をご披露したいと思います。よろしければご来場お待ちしています。

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

購入はこちら

水に濡らしても紙が破れないメモを

広告

この記事を書いた人

Avatar photo

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)