六甲山ログ8回(2022年)560回(通算)有馬〜六甲山最高峰ピストン 

三週間ぶりの山行きでした。

天気:晴れのち時々雪 気温:8℃→4℃

目まぐるしいお天気の変化の1日でした。

自宅から車でスタートで毎月の墓参りへ

自宅を出るときはお天気が良かったのが白水峡墓園に来てみると横殴りの雪になりました。春の嵐でしょうか?寒かったです。

一旦暖かくなり始めてからの寒さは、身にこたえます。毎月の月参りを済ませて有馬方面へ向います。駐車場は、いつもの森パーキングさんで1日停め放題で¥600。

車を停めて歩き初めると有馬炭酸泉源公園から登口へいきます。

広告

12:09 小雪混じりの中スタート

ショートコースなので軽装できましたが濡れて風邪を引くのも嫌なのでリュックに山用の軽量傘を準備して登り始めました。

途中またしても雪が激しくなり傘持ちは大正解でした。

小雪混じりの天気で道が少しぬかるんでいます。

山頂へ上がってくると結構な人に出会いました。そしてお天気もやや持ち直し山頂からの眺めもまずまずです。

13:18 六甲山最高峰

こちらから見ると目まぐるしいお天気の変化を眼下に広がっているのが確認できます。

広告

14:27 有馬稲荷神社

車を停めている森パーキングは、こちらから5分ほど離れた場所なのですが蔓延防止規制の中、有馬の街の様子を見たくて少し遠回りをしてみました。

以前の緊急事態宣言下の様なことは無く寒いとはいえ春の1日を満喫している人たちで賑わっていました。

今日のまいどあり⤴️

3月に入って6日目の今日は、初めの日曜日ということもありそれなりに有馬の街が賑わっていてホッとしました。おそらくこれからこの地域でも梅にはじまり桜の咲く頃はさらに大勢の人で賑わうことでしょう。コロナ前のインバウンド人気で外国人たちが押し寄せることは当分ないでしょうが街もそれなりに活気を取り戻している様でした。

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

購入はこちら

水に濡らしても紙が破れないメモを

広告

この記事を書いた人

Avatar photo

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)