ゼンリンの文具mati mati

広告

今回、初めてゼンリンさんへ行ってみました


▲行ったのは、東京都千代田区神田の東京本社です

元々の本社は、調べてみると北九州の会社だそうです

ゼンリンといえば皆さんはどんな会社をイメージされますか?

私の場合、やはり1番に思いつくのが地図です

元々、会社の名前の善隣が示すように住宅地図を中心に
印刷した地図情報そして昨今では地図のデジタルデーターを
取り扱う会社のようです

地図にはストーリーがある

詳細な地図データーを元に人々の生活を支える
進化し続ける街の未来を記す会社として
なくてはならない会社のなのでしょう

正確に計測された地図情報を元に様々な計画が実行される
地図の今昔は、その街に住む人たちの生活を映し出している
そう行っても過言では無いように思う

どこかの会社のCMで地図に残る仕事なんて言葉があるように
ある面、地図は歴史を刻んでいる

街と私をつなぐ街々ストーリー

こんなキャッチフレーズのゼンリンが出す
文具をご存知でしょうか?

その名も「mati mati」

ゼンリンお得意の地図データーで街を切り出したグッズです

・地図柄の3LAYERクリアファイル
・道路にメッセージが書けるマスキングテープ
・MAP WRAP NOTEPAD
・TRAVEL TAG FUSEN

街ごとのテーマでその街にまつわる
内容を散りばめているそうです

LOFTでイベントを仕掛けているそうです
すでに商品となっている街は2018年1月時点で14箇所

北は札幌から仙台・丸の内・表参道・吉祥寺・横浜
金沢・名古屋・京都・梅田・神戸・広島・福岡天神・那覇
まであるそうです

▼商品のパンフレットです

私の今回の目的は

濡れても破れない書けるメモ紙「TAGGED」の売り込みでした

フィルムでない紙であるがゆえに情報を手書きで
書き込んだりすることができる
とても便利なツールとして営業をしてきました


▲こんな風に使ってもらうと嬉しいです

それにしてもゼンリン=善隣なんて素敵な名前でしょう
この会社を思わず応援したくなり好きになりました

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)