PTBプロジェクトのとりくみ

広告

PTBプロジェクトに先月から新しく会員になりました

PTBとは、ポロシャツ、Tシャツ、ブラウスの頭文字です
クリーニングに関わるメーカーがこぞって需要を喚起するために
知恵を絞り実行するプロジェクトのことです

現在、弊社こと共生社 を含めて12社が会員である

会員の中には、機械メーカー、資材メーカー、メディア関係などが会員として参加する
役割は、「つくるチーム」と「伝えるチーム」に分かれる

今回のミーティングの内容は、6月、7月にある業界の展示会で

PTBプロジェクトとして何をするのかでした

特に今回の重要なミッションは、「ウェットクリーニング」の普及浸透です

一般的にクリーニングの繁忙期といえば春の衣替えの時期が一年で一番忙しくなる
随分と昔に比べると季節感もなく繁閑の差は少なくなった
とは言え夏場の売り上げ確保が業界にとって重要な課題である

夏場といえば汗をかくので綿や麻などの素材の服装が多くなる
一般的には家庭で洗える衣類を着る人が大半になる

そうなることによってクリーニングを利用する機会が少なくなる
そもそも、クリーニングに出す衣類を着ることが少ないのだから需要は、落ち込む

そこで、この落ち込む時期に家庭で洗濯されるポロシャツやTシャツやブラウスを
クリーニングに出してもらおうと活動をしている

クリーニング屋さんでは、冬の重衣料をドライクリーニングするのではなく
夏物は、水洗いすることが多い。

水洗いは、クリーニング屋さんにとってとても手間のかかる仕事になります

皆さんも知っての通り衣類を水で洗うと繊維がよじれてシワになりやすい

このシワになった衣類を伸ばすには、アイロンもしくは人体プレスが必要になる
もちろん家庭洗濯でもシワになった衣類は、厄介なものです

その厄介な夏物衣料をプロのクリーニング技術で

早く
綺麗
リーズナブルなお値段で
提供することで今まで家庭で洗われていた衣類を
クリーニングに利用がPTBプロジェクトの役割である

クリーニング店の言うウェット洗いは、単なる水洗いだけではなく

油溶性汚れをきれいにするドライクリーニングと
水溶性汚れをきれいにする水洗いの
組み合わせでスッキリきれいに仕上げることを意味する場合が多い

衣類の洗浄については、そもそも衣類に付いた汚れを
衣類から切り離すことによってその汚れが取れます

私のイメージでお伝えすると
この切り離す役割が界面活性剤を使った洗剤です
切り離す媒体として水を使ったりドライ溶剤を使ったりします

またシミ抜きは、特殊な薬品を使い超音波などで吹き飛ばします

人間は、一年中汗をかくのですが特に夏場は
汗汚れ(水溶性汚れ)が衣類に付着していると黄ばみの原因になったり
もちろん従来からの食汚し(主に油溶性汚れ)が絡み合っているので
プロの洗濯技術を必要とする

いわば夏こそクリーニング業者のプロの洗いが必要とされるのです

こと洗浄技術については稚拙な私でもこのプロジェクトに
参加させていただき益々クリーニング業者のプロの洗いが
求められるということを認識しつつある

皆さんなら夏物衣料の対策どのようにお考えでしょうか?
PTBプロジェクトのメンバーは、真剣にこんなことについて考えています
▼あぶらぎったメンバーの会議風景です

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)