車検2回目のバイクは5年目で走行距離5300km

広告

車検2回目のバイクは5年目で走行距離5300km

▼今回車検前の走行距離メーターです

今年の5月23日で車検切れになるバイクを預けました

いつもお世話になるYSP甲子園さんです

▼YSP甲子園はこんなお店です

2013年の5月に中型バイクの免許を取得して
その後、すぐにバイクをこのお店で購入しました

色々と考えたのですが
山登りをするのであればダートの道でも走れるロードバイク
パワー走行するのであればネイキッドタイプ

でも結局買ったのはアメリカンタイプのバイク
ヤマハドラッグスタ−400ccです
なぜかといえば停止時に足がつくから(笑)です

この5月で購入後丸々5年になります

その間に走った距離が5300kmざっと年間1000kmです

今まで走ったツーリングといえば出雲大社までと
あとは兵庫県の中腹部にある蕎麦屋さん巡りくらいでしょうか

先日、ニュースを見ているとモンキーバイクを始め
環境問題からこのようなバイクの製造は控えるように
報道されていました

少し残念な気がいたします
バイクで風を切って走る爽快感は、車には無い快感です

とはいえこんな

格好の良いバイクは、結構売れているようでした

▼店頭で売れ先の決まったバイクたちです

車検の諸費用がざっくりと6万円弱で保険は3万円弱そして
車両保険が年間6千円なんだかんだでおおよそ10万円かかります

今回は、少しチューンアップして後部座席にシーシーバーという
二台の背もたれのような器具を取り付けます
仕上がったらちょっと遠乗りに行きたいと思っています

バイク屋さんで聞いた話

ショップのお兄遺産が面白い話をしていました
古い原付バイクが海外特にフィリピンで売れているそうです

20年前のものから30年も前の原付です
しかもマニアックにもほどがある200万円もするような価格で
売れているらしい

フィリピンは小型バイクの走行に免許が不要で
富裕層がこのんバイクをつかってレースをしたりするそうです

結局のところ
バイクが好きな人は、結構いて楽しむ層も
まだまだ沢山います
私もその一人です第一年齢を重ねて乗っていても
年寄りマークを付けることなく
いつまでも青春って感じか良いですね

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)