志風塾 全国大会in神戸

広告

11/5(土曜日)はあいにくの雨の中でしたが
志風塾 全国大会in神戸で全国より同士が集まりました

当日は、芳村思風先生の基調講演をいただきそののち
株式会社アバンティーの元気印渡邊智恵子代表の講演
更に東日本大震災支援の三陸海岸在住の三浦さん
そして早稲田大学専任講師西條剛央さん最後に
東亜大学准教授の中田敬司さんと防災について
また東北地震後のそお状況を生の声として伺いました
感性論哲学の芳村思風先生は、日本の真ん中に世界の
中心があると唱える

今何故日本なのかは繊細な感性を持つ歴史を日本が
有するところにあるという

世界には人口の問題、エネルギーの問題食糧問題と
問題は山積である
日本は唯一の世界における被爆国です広島、長崎と
経験しいま更に福島の原発問題を抱えた
戦争も原発も日本はあらゆるものを受け入れる度量と
矛盾を受け入れる感性を持つ国である
違うもの異なるものを受け入れ統合していく力が
日本にはあるということでした

不完全な人間にとって問題は亡くならないだからこそ
問題を前にして立ち向かい解決するからこそ
未来が拓かれるということでした

私たちは気持ちの持ち方一つで+にも-にもなる
だからこそこのような考え方で生きることが
よりよい人生につながるのだろう

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)