福岡県柳川立花邸御花から資料館へ

広告

福岡県柳川立花邸御花に行って
柳川の風情を感じる

アイキャッチ画像は柳川を象徴する水郷です

前回に続いて今回も九州編です

その後せっかく柳川まで来て食事もしたのだからと

立花家資料館をご案内いただきました

入場料は、1人500円でした
中に入ると柳川を抑えていた権力者の立花家の家系図がありました

そして家紋がこのような図柄です

初めて見た家紋です
杏葉紋(ぎょうようもん)はシンメトリーで
祇園守紋(ぎおんまもりもん)は躍動を感じる家紋のように感じました

かぶとや刀剣の保存状態が素晴らしく良く
威光のの輝きを放っていました

武家らしい保存物ばかりでなく
地域の文化を象徴する調度品や風習を感じられる
展示もあり盛りだくさんです


▲ さげもんの画像

柳川地方では、昔から女の子が生まれると初節句に健やかな成長を願って
ひな壇と一緒にこのような「さげもん」と呼ばれる飾りをして祝うそうです

地域の誇り

こちらを案内してくれた方からの話ですが
立花家は豊臣時代に藩主立花宗茂が
関ヶ原の戦いで西軍についたため戦いの後
一旦立花藩主で無くなるのですが
徳川時代に再び藩主に返り咲くと
自慢げに話されていたことから
立花家に対しての愛着を感じました

学んだこととして

やはり地域の人々から愛されるからこそ
代々続く繁栄があるのですね
人は、一人で生きているのではなく
周りの人たちとの相互関係に成り立っている
お互いの尊重こそが相互の幸せになることから
隣人を愛することの重要さを知りました

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)