リスク管理は、原始的方法が良い

広告

リスク管理は、原始的方法が良い

これは、私の見解です

リスク事例 1

この画像は、弊社の工場の屋上にある
エレベーター室が破れた写真です

ちなみに台風21号で破れたようです

もう一枚

こちらも台風21号で営業本社最上階
屋上に上がる小窓が破れた写真です

台風の風の威力は、恐ろしいですね

工場の窓は、大きく穴が空いています
窓は、ガラスだけの窓です

営業本社の窓はワイヤー入りの窓ガラスです
こちらは、小さな穴ですみました

まさかの割れです

同じ台風で、ワイヤー入りのガラスと
そうでないただのガラスと
結果は歴然です

備えを考えて設備したいものです

リスク事例 2

実は、この窓ガラスの割れに関して
全く気がついていませんでした

古くからお付き合いのある電気設備屋さんが
弊社の停電時に見回りに来てくださいました

屋上においてあるエアコンの室外機を
確認にわざわざ来てくださった時に発見しました

その時に色々と教えてくれました

屋上からの景色を見て電気の送電線を見て
こう言われるのです

おたくの会社は、電柱にかかっている
送電線の2本のうち下の方の電線で

遅くなったなあとポツリと言われました
電気のインフラに関してどちらかだけでも

助かるようにリスクヘッジをしているようです
重要なインフラですから
このように仕組みが必要ですね

リスク事例 3

今度は、トイレの話です
我が家のトイレは、全自動で人感センサーが
働き蓋の開け閉めから使用後の排水まで
自動で行われます

これ普段は、便利なのですがいざ停電時になると
排水ができずに大変困ります

こんな時に頼りになるのが
旧式のトイレです
レバーがあって水がスッキリ流せるトイレです

私の見解です

例えは、色々とありますが
デジタルに頼るばかりでなく
普段から万が一の場合を考えて
デジタルとアナログいずれもの方法で
対処できるように備えておくべきですね

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)