車の免許証更新手続きに行ってきました。ゴールドならずの5年更新

広告

兵庫県伊丹市に免許の更新に行ってきました

免許証の更新は、最近誕生日を挟んで
前後1ヶ月づつで都合2ヶ月間の間で
更新手続きをします

午前9時からの受付でした
免許センターの駐車場が無いために
電車で行ってきました

受付が始まる9時には随分の人混みでした

入って並んで持参のハガキと免許証を
渡すと必要な書類を受け取り
その書類に書き込みが終わると
お金を支払います

この時に初めて気が付いたのですが
人それぞれ支払う金額が違いました
私は、一般運転者で3,300円でした
他の人は、こんな具合です

支払いが終わると流れ作業のように
視力検査です
こちらで両眼で0.7以上ないと眼鏡の条件となります
今回もかろうじて眼鏡条件なしでパスしました

次に暗証番号の登録です
4桁の任意の番号を2つ登録します

この後に写真撮りです

写真撮影が終わるといよいよ講習です

今回、ここ3年間で免許証を取得して
初めて無事故無違反でしたので
てっきりゴールド免許証でパネルを見て
免許証の交付と思っていたのに

なんと1時間の講習受講
さらに免許証はゴールドではなくブルーでした

どうやらゴールド免許証になるには
5年の無事故無違反が必要のようです

ただし今回今までブルー免許証で
3年毎の更新手続きだったものが
5年に更新期間が延びたのが
せめてもの救いでした

なんと兵庫県の免許更新人口は
年間24万人だそうです
その中で100歳以上の更新者は五人
男性四人に女性一人だそうです

1時間講習の中で見た事故のビデオは
タイトル「見落とすな!路上の危険・・」
事故に対する注意喚起のもので
見ると運転に対しての気が引き締まります

これは、運転するものの儀式としてだけでなく
必要な手続きだと感じました

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします