六甲山ログ4回(2019年度)406回(通算)芦屋→宝塚

広告

六甲山ログ4回(2019年度)406回(通算)芦屋→宝塚
天気:曇り 気温:5度

朝方は、不安定な天気で
朝の9時から11時まで雨雲が
かかるような天気でした

10:25 自宅出発
芦屋川の定点観察

11:08 高座の滝 11:15

高座の滝道を登って行くのに
今日は人がほとんど居ませんでした
どんよりと今にも降り出しそうな天気で
人出が少なかったですね

11:44 風吹岩

こちらも定点観察です

11:50 横池 11:55

12:35 雨ヶ峠

今年4回目で七曲りの坂でマーキング

13:35 六甲山山頂

どうやらテン泊している人がいたようです
ソロテントです
無線で何処かと交信している様子でした

六甲山頂からのルートを色々と思案しましたが
何年振りかで宝塚へ降りるルートにしました

有馬へ降りるルートは4km1時間です
それに対して宝塚ルートは15km3時間半
結構降りばかりなんですが尾根をダラダラ
距離のあるコースです

14:30 船坂分岐点

宝塚への道は笹が茂っていたり

急な下り坂になっていたり

宝塚方面への眺望が開けたり

ダラダラ行ってようやく塩尾寺(えんぺいじ)に着きました

15:55 塩尾寺

塩尾寺まで2時間半ほどノンストップです

こちらから約半時間で宝塚温泉です

16:30 宝塚温泉

阪急宝塚駅すぐにあるこの温泉
有馬温泉は、もちろん素晴らしいのですが
宝塚温泉に来て今回とても気に入りました

有馬と同様に金泉と銀泉があり
さらにフィットネスジムがあったり
露天のジャグジーがあったり
コンクリートの打ちっ放しの近代的な外観は
安藤忠雄さんのデザインだそうです

お風呂を上がって土日祝日は
生ビール中ジョッキがなんと300円
嬉しいサービスでした

そして、宝塚温泉を出て
阪急宝塚駅へ行くと
さすが宝塚歌劇のメッカです

駅に上がる階段は宝塚歌劇さながらでした

六甲縦走大会では、西は須磨浦公園から
最終この宝塚までの56kmとなります

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)