ユニクロも遂にカジュアルだけでなくここまで来た

広告

SNSに最近やたらユニクロが出てくる
人工知能が判断してのことでしょうか

少し前に新聞の広告でユニクロの広告を見ました
いつもと同様のカジュアル路線かなとぼんやりと
見ているとさにあらずあつらえのシャツができると
書いてありました

確かにユニクロの幅広いラインナップは
日本人の体型の大半をカバーできるのだろう
カットソーやポロシャツ、Tシャツならば
さしづめXSから3Lの6段階も備えていれば
十分のように思う

しかし、ビジネスユースを含むYシャツとなると
首回り・胸回り・そで丈など基本でも3サイズ
さらに体型でスリム・レギュラー
襟の形でもボタンダウン、レギュラー、
セミワイドなど数え上げれば
顧客のニーズを満たすには相当な種類の
組み合わせになるであろう

ところがこのYシャツのオーダーメイドに
対応すると書いてあったのでお店をのぞいてみた

既成のYシャツもあったが係員に聞いてみると
採寸しますとのことでした
試しにと思って測ってもらった
購入の時に選択するサイズは

ボディーサイズ・首回り・そで丈の3箇所でした
そして測った上で生地の種類と体型について
好みを聞かれました
これらによって近いサイズのシャツを
売り場から係員が持って来た

その上で合わない部分についてオーダーが
できるというものである

売り場から持参してきたシャツのバーコードを
読み取ってスマホのアプリから選んで
オーダーの部分のサイズを入力して
依頼するという仕組みである

そうすると既成商品でことが足りれば
1枚2990円ですこれに私の場合そで丈が
合わないのであつらえになる
するとこの料金にプラスに1500円になる

結果でいうと品揃え豊富なメーカーシャツの
既製品とほとんど変わらない値段になる
1枚2990円だから魅力に感じたものが
魅力半減でした

ところがこの後それでも一度試してみようと
スマホのアプリから店員さんが入力してくれたが
残念なことにすでに希望のサイズのシャツを
頼んでみると生地が売れすぎて
完売とのことでした
よく聞くとやはり大きなサイズの人が
このシステムができてすぐに殺到したとのことでした

どれくらいの需要を見込んで準備したのか
わかりませんが一つの色の生地を
売り切ったということはユニクロ側の狙いが的中した
ということであろう

ユニクロはもはやマーケティングによる販売と
いうよりもビジネストレンドをリードする
領域にいるということが言えるのではなかろうか

世界有数のカジュアルメーカーの
さらなる飛躍の可能性を感じた

以前にもユニクロで感じたこと

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします