2019苦楽園さくらStreet JAZZ Festival

広告

2019苦楽園さくらStreet JAZZ Festivalに
行ってきました

4月7日(日曜日)の午後から阪急苦楽園口駅前の
但馬銀行駐車場特設ステージで午後1時より夕方まで
観覧無料のJAZZ FESは今年第2回目のイベントです

春のいちにち
夙川河川敷のさくら
苦楽園界隈の美味しいランチ
同時にこのジャズフェスで
トップミュージシャンの上質な音楽で
楽しむイベントです

昼間は、特設ステージで無料のライブ
夕方から夜にかけては

2000円の周回チケットで
3箇所のライブハウスを自由に行き来ができます

ギャラリーアルコ・アルフェッカ・ハイローズ
の3ライブハウスです

苦楽園口に3箇所もライブハウスがあることを
初めて知りました

そして、我々がお邪魔しましたのは
アルフェッカさんです

とても雰囲気のあるお店です
カウンターとボックス席があります

カウンターの照明が凝っていました

ステージはこんな感じです

クラシックコンサートではこんな風に
飲んだり食べたりしながらの鑑賞は
あり得ません

そしてライブでミュージシャンも
会場のお客様の雰囲気を見ながら
アレンジを変えたりで臨場感が楽しいです

実は、このイベントを企画したのは
高校の同級生で金谷こうすけ君で
バリバリバイタリティーの塊の様な男です

お陰で楽しい夜を過ごさせてもらえました

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします