アンサンブル プティ・タ・プティKOBE第14回定期演奏会で裏方してます

広告

今年も恒例行事のプティ・タ・プティKOBEの定期演奏会で裏方つまり撮影班を仰せつかりました

妻と娘からですけど(ーー;)
毎年、この時期の恒例行事になりました

去年に引き続き神戸市立灘区民ホール
通称マリーホールからです

こちらの会場は、定員510名のホールです
一年前から抽選で会場を押さえるために
演奏会委員のメンバーは、数カ所の会場に
分かれて抽選に走り回るそうです

団員の人数が増えてきてステージに
乗る人数を考えると小さいホールでは
メンバーが乗り切れず
最近は
このマリーホールがステージと
客席を含めた器として丁度良いようです

さて、今回の演目は

■ 弦楽のための交響曲 第2番 ニ長調
F.メンデルスゾーン

  1 Allegro(アレグロ)
  2 Andante(アンダンテ)
  3 Allegro vivace(アレグロ ヴィヴァーチェ)

■ カプリオール組曲

 1 Basse-Dance(バス・ダンス)
 2 Pavane(パヴァーヌ)
 3 Tordion(トルディオン)
 4 Bransles(ブランル)
 5 Pieds-en-l'air(ピエ・アン・レール)
 6 Mattachins(Sword Dance)
   (マタシャン(ソードダンス)  )

■ ジ・エンターテイナー
S.ジョプリン

■ 星に願いを
L.ハーライン

■ 美女と野獣
A.メンケン


■ 弦楽四重奏曲 第14番 二短調
d.810「死と乙女」
(マーラー編曲弦楽合奏版)
F.シューベルト

  1 Allegro(アレグロ)
  2 Andante con Moto
      (アンダンテ コン モート)
  3 Scherzo. :Allegro Milton
      (スケルツォ:アレグロ モルト)
  4 Presto(プレスト)

毎回、曲目の紹介の折に解説がつくのが
楽しみなんです

メンデルスゾーンが金持ちのボンボンで
12際から14歳の間に書いたこの曲は
メンデルスゾーン家恒例の日曜コンサートの
お招きする客人向けに自分の腕試しに
作った曲だったとか

それぞれの曲の作者のことや
時代背景や曲に込めれらた想いなど
とても興味深く聞かせていただきます

最後の「死と乙女」は迫り来る死への
葛藤や恐怖などを表現した
迫力のある曲でした

年々、この団も曲の難易度をあげて
団員の上手く引きたい欲求と
上手になった腕前で観客に
喜混んでもらいたいと言う欲求

これらの向上心が
成長曲線の右肩上がりな結果に
結びついているのだと思います

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)