とんかつ百名店の創業50余年「かつ吉」の新丸ビル店

広告

文具のとても楽しい打ち合わせの後
お勧めの食事スポットということで
東京駅前新丸ビル5階にある
「かつ吉」に来てみました

食のこだわりだけでなく
お店の作りも
どうやらこだわりがあるようです

壁一面のぐい飲みが圧巻でした

食のこだわりについては
入り口に掲示がありました

待つこと20分くらいだったでしょうか
ようやくお店に入ることができて

はじめに出てきたのが
スライスキャベツです
よくあるのがキャベツおかわり自由の店
しかし、普通はとんかつをのせた
プレートに一緒にキャベツがもられます
こちらのお店ではボウルでキャベツ単品で
出されました
そしてそのキャベツ盛りの中に
海藻が少し入っていてシャキシャキ感と
瑞々しさのコラボです

思案の末、オーダーしたのは

手作り腸詰め辛口ソーセージと
盛り合わせです

まずはソーセージ

盛り合わせには
迫力満点の天然特大海老フライ

プリプリの海老かつ

伊勢安楽島産のWのかきフライ
やたら大きなカキフライと思って
食べてみるとなんと中身が2個入りでした

自慢のとんかつ
これはヒレなのかロースなのか不明
というのがロースのようなジューシーさの中
繊細なヒレの旨味
次回行くときは、確認してみたいと思います

今日のまいどあり⤴️

東京駅前の新丸ビルの飲食階は
今をときめく名だたる名店が
連ねているようでした

また他の店にも足を運んでみたいと思います

今回のかつ吉さんは、
聞くところによると
3代目経営者さんのようです

「とんかつ」を「ご馳走」として
お客様にお楽しみいただくという

初代からのコンセプトが見事に
貫かれていることが節々から
感じ取れました

事業も理念やビジョンを体現化するには
経営者の熱量がなにより大事で

そして組織の健全度が高いことである
そのように感じました

良いお店は、雰囲気とその
空気感がすばらしいですね

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)