GUに続いてユニクロも精算レジの自動化になってきました

広告

昨日、
大型ユニクロ店で買い物をしました
そこで気づいたのがこちらです

ユニクロもICチップの導入に伴い
精算レジが自動化になっていました

つい2ヶ月くらい前でしょうか
ユニクロの系列店で有るGUで
レジが自動化されているのに
驚いたばかりです

自動化の波は思いのほか早いです

昔々有料道路のゲートの無人化が
進んだのが記憶に新しいところです

その時は、車の精算車載器で有る
ETCの搭載が必要であった為
無人ゲードになるには時間もかかり
今も一部有事人ゲートが残っています

ユニクロの場合は、車の様に精算を
受ける側に設備が必要でもなく

私が利用したお店は、全ての支払い窓口が
無人化されており精算機の使用方法が
わからない人のために係員が
付くというスタイルでした

支払いは、現金もあればクレジットカード
QRコード決済と各種に対応していました
世の中のキャッシュレス化が進み
この様に自動化は加速的に進んで
いくのでしょうね

スーパーのレジもしかりで世の中の流れは
人手不足も相まってこの流れはやむを得ない

今日のまいどあり⤴️

商品を購入するのに以前は
人が対面でしていたものに
最近は、無人のレジで
キャッシュレス決済だったりする
もちろん現金支払いもできるのではあるが

支払い時にれじを見ていると現金決済と
キャッシュレス決済かクレジット決済を
比較すると5:5と言った感じでした

政府が後押ししている
キャッシュレス化でユニクロが
今回設備したレジは、軽減税率対応で
我々の税金で設備が賄われているのかも
なんて考えると

大手業者ほど我々の支払う税金を
国からこのような設備に対する
費用に補助をいただき恩恵を
受けているのかもしれない

とにかく時代の波は、人の要らない
自動化へと舵を大きく切っているようです

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)