クリーニングタグ から TAGGED (タグド)へ迷走編

広告

2010年頃日本国内のクリーニング需要は
既にピーク時を過ぎて10年が経つ

日本の高度成長期に
家事代行業の旗手としてクリーニング業が
活躍して大いに普及したのは
過去の話で

クリーニングに出していた衣類が
家庭で洗える素材になったり
家庭で洗える洗剤や洗濯機が出てきたり

ライフスタイルも世界中で
カジュアル化が進み
ここ20年はクリーニング業受難の時代

これに並行して弊社でも
需要点数の下落に伴い
弊社主力商品のクリーニングタグの
需要が減り

事業の将来に対する危うさを
当時から肌で感じていた

それと同時にクリーニング業でしか
使用されないこの洗えるほど丈夫な紙と
洗っても消えない特殊なインクを
他の商品に展開できないかと
自分たちの主戦場だけでなく

異業種への展開を模索し始めたのが
ちょうど2010年あたりだろうか

その頃、大阪産業創造館で
特殊な材料や技術を持った企業と
それを欲する企業のマッチングフェアが有った

しかし、そこで出会った企業は「0」
会場と同じ場所にあった
大阪デザインセンターの職員の方が
この面白そうな素材で何か
デザインしてみませんか?
大阪デザインセンターで支援しますよと
有難いことにお声がけをいただいた

大阪デザインセンターさんに登録する
デザイナーさんにこの耐洗紙という
素材で商品企画を練っていただいた

これは、100円均一の花鉢のカバーです
他にもブックカバーや本のしおりなど

しかし、創作意欲をそそる物ではなかった

このとき私は、無性に何か耐洗紙を
形にしなくてはという気持ちだけに
囚われていた

この頃は、TAGGED商品を生み出す前の
混沌とした時代で

これらの他にも尼崎商工会議所で
開催されたデザインのセミナーにも
何度も足を運んだ

将来に対する不安だけで突き動かされた
そんな迷走期とも言うことができる

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)