TAGGED LIFE GEARの世界観は、無骨なアウトドア感

広告

TAGGED LIFE GEARの世界観は、無骨なアウトドア感だと言える

TAGGED(タグド)シリーズは、元々クリーニングタグの素材である、洗えるほど丈夫な紙である耐洗紙から作られている。生活の中で目にするこのクリーニングタグが、衣類の洗浄時に一緒に洗われていることを知っている人は、少ない。恐らくクリーニングにたずさわる関係者くらいではないでしょうか。

考えてみれば、ホームクリーニングで洗われる衣類は、家庭選択の様にまたコインランドリーで洗う様に個人の衣類として限定できるものでなく同じ洗浄方法で洗える衣類が一緒に洗濯ドラムの中で洗われる。一緒に洗われる衣類を識別するには何らかの印が必要である。

必要不可欠な条件として
・水洗いしても破れない
・ドライクリーニング溶剤洗いでも破れない
・印刷した文字や記号が洗って消えない
・洗った後シワになりにくい
・アイロンなどの熱プレスしても溶けない

この様に一般の紙では必要としない条件が求められているのが耐洗紙なのです。そこで、このタフにラフに使える耐洗紙を使ってTAGGEDは、作られたメモです。

中でもTAGGED LIFE GEARは、アイレットリングを付けました。その理由は、カバンやザックの中から一々探して取り出す手間が不要な様にヒモやカラビナを付けてカバンの外にぶら下げて置ける様にしました。

それができるのもTAGGEDが濡れても踏まれても泥んこになっても大丈夫なほどタフにラフに使えるからできた使用方法なのです。だからこそ汗まみれで泥んこにして使ってもらいたい。スマホなどの便利で手軽なデジタル製品ができても結局は、リアルに形で残るアナログなメモやノートが、私は一番頼りになると感じています。

とは言っても商品デザインが示す世界観は、とても重要なのです。だからTAGGED LIFE GEARは、統一したコンセプトに基づくデザインが施されています。現在山シリーズ3作海シリーズ3作今後は、さらにアウトドアを中心にしたスポーツなどのシーンをモチーフしたデザインも登場するかもしれません。またガーデニング、あるいは天体などのシリーズもあると良いのかもしれません。

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)