淡路島の新玉ねぎが手軽に買えるのはコロナのお陰で有難うです

広告

日常が、非日常になる今日この頃です。正にビフォーコロナとウィズコロナとアフターコロナ生活の景色が変わっているんでしょうね。Facebookで西宮のひみつ&不思議から得た情報です。

こちらのロゴは、西宮市中央青果市場にある丸安青果さんのロゴです。何やら地域のお得情報がありそうという事でLINEでも登録してみました。LINEのやりとりで新鮮な野菜を買える様です。

実は、春のこの時期の我が家の定番というと明石の魚の棚で買ったイカナゴを釘煮にする事と妻が淡路島の新玉ねぎが出る頃にそのたまねぎをつかって作るマリネです。残念ながら今年のイカナゴ漁は不作でわずか1週間で漁が終わり買いに行く間も無く終わり残念な思いをしました。

ところが、今回得た新玉ねぎ情報に小躍りして予約をしました。激安です10kg1000円❗️例年ですとわざわざ淡路島の本四架橋の橋に通行料金を払ってパーキングまで走り購入に行っていました。

そこで
LINEで予約して行ったのがこちらの西宮市中央青果市場です。

行ってみると全く人気が無いではありませんか、運良くお店の人に会うことができて聞いてみると予約の商品引き渡しは、西宮浜のドライブスルー店だそうでした。

住所を聞いてナビで訪れたところにボードが置いてました。

到着するとお店の人が出てきてくれて新玉ねぎ10kg1000円を運んできてくれました。まさかこんな形で新玉ねぎが手軽にしかもお安く購入できるなんて思ってもいなかっただけにとてもラッキーでした。

早速、作ったのがこちらです。新玉ねぎLLサイズ4個に秘伝のドレッシングをかけて置いておくだけで出来上がり。食事をする時の1品の箸休めになります。新玉ねぎ食べて血液サラサラです。

今日のまいどあり

SNSの情報は、ありがたいですね。こんなお得情報は、とても価値がありました。お店の人に話を聞くと普段ならば卸売りする更には、学校の給食用としてまとめて売れるだそうですがこの様な状況ではどうにもならず困っての販売の様です。地域情報に感謝です。SNSで情報を発信するからこそ得れるWINWINの関係ですね。

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)