神戸モンテブランコ究極のモンブラン

4/15オープンしたばかりの神戸モンテブランコに行って来ました。初めての週末は終日あいにくの雨でした。

わずかの期間で店舗のイメージがガラリと変わりびっくりしました。半年もたたないうちにドラスチックに変革されています。前回2020年11月に訪問した時のお店はこのような感じでした▼

皆さんどのように思われますか?改装するにはあまりにもったいない綺麗なお店でした。居心地の良いサードプレイスとしての位置付けは変わっていません。

以前が、喫茶とパスタのお店であった風見鶏本舗がモンブラン専門店神戸モンテブランコとしてリニューアルしたのは私のような保守的な人間にとっては、いわゆる青天の霹靂です。

さてお店についてレポートします。外装については写真の通りです。内部については以前のカラフルな壁色からすると真っ白なイメージに変わり壁には、筆書のようなイラストが施されてすっきりと清潔なイメージになっていました。

お店で提供する内容は、一押しのモンブランです。5種類のモンブランをいただくことができます。

ベーシックな、「栗」そして「いも」「かぼちゃ」「抹茶」「ほうじ茶」です。そして今回私がいただいたのが栗です。

広告

どうでしょうか?私の先入観のモンブランは、栗を太いホイップでぐるぐる巻きにしたケーキのイメージですが、こちらのモンブランは、プレートの上に軽やかにふわふわ栗のペーストを施したものでした。食べてみてそのイメージ通り軽やかな食感でした。ふんだんに絞ったモンブランの栗ばかりでなくプレートの上にはトッピングとしてたっぷり栗をあしらっていました。

普通これだけのボリュームの栗がかかっていると食後に胃もたれしそうですが、全くそのようなことはなく後味の爽やかなモンブランでした。

今日のまいどあり⤴️

神戸モンテブランコさんは、今流行りのモンブランに特化した専門店でした。モンブランコというお店の名前の前に前置詞として笑みが溢れるとあります。まさしく気持ちの良い挨拶、フレンドリーな笑みに溢れるお店でした。お店で食するのは2階で1階にはお土産用のモンブランが有ります。持ち帰りだけでも色々な味わいのモンブランを購入することができます。

こちらは、コロナ禍での新業態の取り組みです。好奇心を持ってどんどんと新しい業態を取り入れられる経営センスに感動しました。

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

購入はこちら

水に濡らしても紙が破れないメモを

広告

この記事を書いた人

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)