商品の撮影をど素人が屋外と屋内でやってみました

ホームページリニュアールに伴いTAGGED商品の商品撮影にチャレンジしてみました。

本来は、プロにお願いするべきものですが自分でやってみたかったということもあり同じ商材で屋内と屋外で試し撮りをしてみました。

経験のある方には是非アドバイスをいただければと思い写真をアップしますのでご覧ください。

まずは、屋内で撮影した写真がこちらです。商材は、TAGGED LIFE GEARという左上にひもやカラビナをつけることのできるアイレット(リング)の付いた人気の商品です。

次に同じ商材をお天気が良かったので屋外で撮影してみました。ちなみに場所は、会社の屋上です。

春の強い日差しの元での撮影です。

同じ商品でこのように違います。

広告

屋上での撮影は、風が強くてそれなりに大変でした。綺麗に撮れていそうな気がして他のシリーズであるTAGGED MEMO PADも調子に乗って撮影をしてみました。こちらです。

道具は、こちらのもので固定してカメラはiPhoneXSを使って撮影でした。

商品の撮影にはカメラを固定することそして被写体の位置をきちんと決めて置くことが必要ですね。

今日のまいどあり⤴️

いざ、自分で撮影をしてみるとプロのカメラマンの方のご苦労がわかります。屋外でやる場合は、風があったり屋内でやる場合は、光の加減が難しかったりと問題課題だらけです。

しかし、今回の写真をまずは、ホームページで使ってみます。

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

購入はこちら

水に濡らしても紙が破れないメモを

広告

この記事を書いた人

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)