7年ぶりのひとりキャンプ部活は、今流行りのソロキャン!

思い立ったが吉日キャンプ

最近、YouTubeをコロナ禍で見ることが多くなりました。にわかユーチューバーなる方々が増えている様ですね。プロの動画でない素人の動画の方が返って面白いものが多かったりします。その中でも私の目を引いたのがキャンプ動画です。元々、山活動やキャンプとかバーベキューが好きなものですからこの手の動画を見ていると居ても立っても居られなくなりました。そしてついに昔の道具を出して行ってみました。

▼7年前に東北の山中で張ったテントはこちら

1月のこの時期にしてはびっくりするくらいの暖かい気温と青空でもう気分は、キャンプ気分になってしまいました。(笑)

買い出しから一人盛り上がる

早速、スーパーへ買い出しです。買い物は、まずラーメンです。しかもとびきりスパイシーな辛ラーメン。そしてそれを中和するための野菜(もやし、白菜、ニンジン…etc)冷凍チャーハンにコーヒータームのドーナツにチョコレート。買い物をしながらイメージは、膨らむ一方で早く現地にと心は、はやるばかりです。

そして、スペシャルメニューは、前日妻が作ってくれた手作りソーセージです。

目的は、新商品のイメージを一人妄想するために

そもそも、TAGGED商品をどのように拡めるのかを考えていたところやはり、自分のイメージするところで使うシーンを提案できるのが一番です。都会の喧騒から離れて一人静かな場所を選ぼうにも中々、最近では火を焚きながらテントを張って寝泊まりできるような場所が無いためにお手軽なネスタリゾート神戸を選択しましたが平日の午後からのキャンプは誰も居らずで本当のソロキャンプになりました。

一人ぼっちになる時間ってとても大切です。しかも大自然の中での少し不自由さを感じる時間は、まさに自分と向き合う時間としては最適な空間となりました。

広告

焚き火に癒される

テントを張って食事のための焚き火開始は、7年ぶりの準備ということもあり少し手間取りましたが、楽しい時間でした。固形燃料や発火剤も無い時の火の起こし方は、以前学んだ通りに持ち込んだ新聞紙を丸めて#状態に組んでそこに乾いた木片を追って入れるだけです。

食事も終わり、コーヒータイムで自分と向き合う時間は、至福のおひとりさまタイムですね。コロナで荒んだ気持ちが頃良い炭火の炎に温められて凝り固まった脳みそがじんわりと溶けるような面持ちでした。

今日のまいどあり⤴️

思い立ったが吉日で一人キャンプをしてきました。なんでも思いっきりが大切ですね。考えるよりもまずは、行動です。しかし行動をすることをたやすくしてくれるのは、過去の経験です。そんなことを考えると人生なんでもやった経験が体験として生きてくるということですね。

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

購入はこちら

水に濡らしても紙が破れないメモを

広告

この記事を書いた人

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)