海の京都・宮津【ととまーと】で絶品お魚ランチ

海の京都と呼ばれる京都府宮津市は、本当に良いところです。中でも日本海に面した海の幸が絶品です。

そんな美味しい地元の魚を気軽に食べることができるのがこちら「ととまーと」です。

店内は、カフェに土産物売り場そして食堂スペースです。

広告

こちらで食べることのできるお魚メニューは、冷蔵ケースに魚そのものが並べてありリクエストをするとさばいて調理もしてくれる様です。そして、調理した魚なども有ります。

今回、私達が注文したメニューは、こちらです。

・刺身の盛り合わせ

広告

ぶりにマグロに飛び魚、そして大好物のイカをいただきました。いずれをとっても魚特有の臭みもなく身がぷりっぷりでした。中でも大好物の白イカは、コリコリで甘さが際立っていました。

こちらは、ぶり大根です。

ぶりの身がほろほろで大根に魚の旨味がギッシリと詰まっていていくらでも食べれそうでした。

ランチでお酒が飲めないのが残念でした。

これらの本格的料理は、この界隈のホテルや旅館などの調理人の方が昼間の時間を利用して調理してくださるらしくさすがの味付けでした。

地域のB級グルメなどのカレー焼きそばも漏らさずいただきました。

カニ冷麺には、カニ蒲鉾ではなく本物のカニの身とカニ味噌が入った本物です。

さらには、ハマグリうどん。こちらもハマグリがてんこ盛りで中のうどんが見えないほどでした。

今日のまいどあり⤴️

ご案内いただきましたのは、丁度一年前に西宮からこちら宮津に住まいを移した友人です。なんでもこの一年で食べ物が美味しすぎて5㎏も増量した様です。しかし、普段阪神間に住む我々には、食べることのできないこのような美味しいお魚を食べることができるならばその増量も頷けます。

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

購入はこちら

水に濡らしても紙が破れないメモを

広告

この記事を書いた人

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)