2022年第5回丹波黒枝豆づくり豆活もいよいよ収穫です。

10月23日(日曜日)に朝霧の中、西宮北インターから丹波篠山まで行ってきました。途中からは、霧も晴れ良い天気に恵まれました。しかし、篠山の下り口まで着くと既に高速の下り口は渋滞中でした。

今シーズンは中々、仕事に追われて豆活は思うようにできず手入れもできずに雑草が伸び放題の状況になりました。

しかし、ありがたいことに大きな台風被害もなく9月から10月の収穫時期にかけて天候に恵まれて一気に実が大きく膨らみ成長していました。

自然の恵みと地主さんのお世話に感謝です。

朝の9時半に到着して40株ぐらいを1時間かけて軽トラックに積み込みました。

トラック満載です。この後の鞘取り作業がなんといっても時間のかかる仕事です。しかし、これをやらないととても持って帰れるボリュームにならないのです。頑張って鞘取り作業をこののち4時間かけてやりました。

山積みの切り取った株から一さやずつもぎ取り箱に入れて持ち帰ります。

広告

40株から50株の収穫に対して鞘取りでもいだ豆を計量してみると約20kgの収穫となりました。

自宅へ帰ると軽く水洗いをします。

一通り作業を終えてから収穫の豆をいただきます。

今日のまいどあり⤴️

今年で3年目の黒枝豆作りです。作付けは50mからスタートして去年が75mそして今年は100mと年々増えて手入れも大変ではあります。

しかし、収穫をしてこの豆をいただく瞬間に今までの全ての大変さが吹き飛びます。

実りに感謝です。

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

購入はこちら

水に濡らしても紙が破れないメモを

広告

この記事を書いた人

Avatar photo

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)