苦しみの谷が深ければ喜びの山はより高くなる

広告

新しいタッグの製造に四苦八苦です
アイキャッチ画像の写真がお分かりでしょうか?

新しいクリーニングタッグは、ありそうでなかった
コロンブスの卵のようなものです

耐洗紙と言うクリーニングタッグに使われている紙は
とんでもなく丈夫で固い紙なんですね
だから濡れても洗っても破れない丈夫な紙なんです

その丈夫さが洗濯して破れない識別ラベルにとって
最高に適性のある紙になっているんです

そして新しいイージータッグは、この紙の特性を
最大限使ったありそうでなかったタッグです

形状に特徴があります
紙の真ん中に穴を開けてそこに従来の番号タッグを
通して使うと言う新しい使い方のタッグなんです

実はこの穴あけが大変なんです。
色々と苦労しています。
ああでもないこうでもないと試行錯誤しながら
いろいろなことを試しています

お客様からの依頼を受けてテストして実用化にする
そんな流れで進めてきました

クリーニングタッグは、通常ホッチキスのようなもので
止めるのが今までの使い方です

しかし今回のタッグはただ開けた穴に通すだけです
そこで幸いにも弊社でこの穴を開けることのできる
ロータリーダイカッターと言う機械がこのタッグを作るためでなく

他の用途に使うつもりで設備したのですが
このロータリーダイカッターを使うと13mmの穴を
たやすく開けられるので安易に注文を受けました

しかし、やってみるとこれが何とも従来のタッグを
作る手間の何十倍とかかる代物だったんです

▼イージータッグの穴を綺麗に外す作業が大変です

紙に穴を開けるドリルならば8mmまでの穴を開けることができます
でもさすがに13mmの穴になると穴を開けることのできるドリルがありません

そこでロータリーダイカッターならば容易に1シートずつではありますが
綺麗な真円を開けることができます

困ったのは、ここまでは良いのですが
200枚以上のこの固い紙の束の穴を
外して抜くのに簡単な方法がありません

意図があれば方法は無限
そう信じてこれから容易に加工できる方法を探り
試行錯誤して見たいと思います

簡単な仕事ではありませんが
苦しみの谷が深ければ喜びの山はより高くなる
そう信じて一歩一歩チャレンジしていきたいと思います

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)