初 Peech  !

広告

この日は、ただ今人気沸騰中のPeechに乗ってきました
約2か月前に取得のチケットは関西空港⇔(往復)新千歳でなんと¥19,580という
お値打ち価格でした。関西空港の第2ターミナルからの出発でした。

第1ターミナルと違い平屋の建屋で白基調のすっきりした構造でした。
当日朝の7時フライトということもあり6時過ぎには空港に到着していましたが
人気通りの人込みでLCC(ローコストキャリア)のコストパフォーマンス支持は
時代の流れなんでしょうね

現在、関西空港からは新千歳、仙台、鹿児島、そして台北、ソウルなどが
就航していますが今秋には成田便も5000円を切る価格で売り出されるらしく
今後の動向に目が離せません

さて乗り心地はというと従来のJALやANAのエコノミーよりもさらに席の幅が
15cmから20cmくらい狭かったように感じました
Peechには通常価格の手荷物機内持ち込みのみと
Peechプラスという機内持ち込み手荷物以外に1つ預けられるタイプが
ありますが、不安なので今回はPeechプラスで乗船しました

乗船した便は満席でしたが、乗られたお客様は考えられないほど大きい
手荷物を持参で乗っている人も多く見受けられ余分な費用は払わないぞ!
という決意すら感じるものでした(笑)

もちろん機内無料サービスとしてのお茶やコーヒーのサービスはなくこれらの
サービスは有料でした
印象的だったのは、最後の登場のお客様に対するお礼の挨拶で
「有難うございました」が「ほんま、おおきに」にはびっくりさせられました

航空業界の価格破壊は、チケットの簡易化や手荷物の制限そして
機内サービスなど合理化する点はいままでの常識にとらわれず
既存航空会社との差別化で多くの支持を得られるものと実感しました

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)