噂の黒川温泉

広告

6/26から佐賀のMクリーニングさんの視察を終えて同じく事業再生のベンチ
マーキングとして黒川温泉に行ってきました

以下は、インターネット記事からの抜粋です
町の“変わり者”と呼ばれていた温泉旅館「新明館」の三代目主人・後藤哲也。
1980年代、全国の観光地が歓楽街的な熱海や、豪華なリゾート建設を
目指す中、後藤はまったく逆の「本物のふるさと」作りに取り組んだ。

造り込まれた旅館の庭を壊し、山から引き抜いてきた雑木を植えた。
裏山の岸壁を3年かけてくりぬき、洞窟風呂を作った。
黒川温泉がさびれる中、時代に逆行していると思われた後藤の新明館だけ
がいつもにぎわっていた。

そんな後藤の元を、経営に苦しむ黒川温泉街の二代目・若手経営者らが
訪ねた。後藤はライバルからの申し入れに、自身のノウハウを伝授することを
決断した。

しかし、「町全体をひとつの旅館にする」という“変わり者の後藤”の
アイデアには、反対意見も多かった・・・。

「奇跡の再生」を果たした熊本・黒川温泉、世代を越えた町おこしの
決断に迫る。

正に時代を肌感覚で読み世界は「グローバル」から「ローカル」に
需要の変化を敏感に感じて迷うことなく進んだ成功であると思う

当日は、既に日本客ばかりでなく外国人客も多く中国人か台湾人か
はたまた韓国人の団体さんが大挙をなしてこられていました

流行るわけにはやはり気を見て敏なるものがあります

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)