自転車のパンクで困っていた時にやってみたこと

広告

自転車のパンクで困っていた時にやってみたこと

自宅に放置していた息子のマウンテンバイクを
捨てようか思案していたのですが

捨てるにも困って車に積んで会社へ運びました
と言うのも空気が入っておらず
空気を入れるポンプも無く
仕方なく車の荷台に積んで持ち出しました

3年以上放置状態でしたからタイヤは
パンクでは無くチューブが破れて
使い物にならないものだと
勝手に決めていました

そこで、西宮北口近くのサイクルベースあさひも
あったのですがどうせ車に積んだんだから
パンク修理が安い尼崎2号線沿いの
名もない自転車屋さんに持って行きました

2号線を走っているとパンク修理500円と
大きく看板が上がっていたんです
実は、サイクルベースあさひで以前に
パンク修理をした時に800円か1000円くらいした
記憶がありました

こちらは、尼崎価格つまり庶民価格のワンコイン
店の大将に見せたらこんな洒落た自転車の
パンク修理部品は無いとあっさりと断られました

でも、やはり人情の街です
「表にある空気入れでパンクかどうか
試してみたらどうや」と声がけいただきました

そこで空気を入れてみるとなんと
空気が正常な空気圧まで入りました
ありがたかったですね
ダメかと思っていたマウンテンバイクが復活しました

その時は、車に積んで自転車を会社に
置きましたが

次回空気が少なくなって空気を入れに行く時は
このお店で空気入れを購入すると決めました

商売の極意は、物を売るのでは無く
信用を売ることだと再確認させていただきました

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)