韓国料理といえば その3

広告

今日も韓国料理シリーズです、その3(笑)

お昼にお魚をいただいたので
夜は、商談を兼ねてお肉料理で攻めました

場所は弘大(ホンデ)学生の街です
安くておしゃれなお店が沢山ありました

こちらの街の一角は日本の居酒屋の雰囲気が
流行りだそうで、こんな感じです

ユッケに刺身そして焼肉、お皿で大盛りの牛肉をいただきました
量が半端なく日本で頼む量の約3倍くらいは有りました

それからここでも飲み物はチャミスル(焼酎)をKASS(韓国ビール)で
割った飲み方でした
韓国の夜の飲みはこれが大流行りだそうです

ソメ = 焼酎 + ビール 比率は(1:3 ~4)

作り方は、
ビールを、ビールグラスの6~7割程度入れます。
焼酎を、焼酎グラスに半分程度入れたあと、それをビールグラスに注ぎます

ビール・グラスは、ジョッキではなく、瓶ビールと共にでてくる小さいもの
焼酎は、ショットグラス

それぞれをグラスに注いで混ぜるのではなく
韓国のステンレス製の箸と箸を叩いて発砲させる
あるいはスプーンをグラスの底に落として発砲させる
などの方法で頂きます

周りのお客さんも同じような飲み方で乾杯、乾杯と
随分と盛り上がっていましたよ

日本のお湯割のような飲み方ではなく
ソメで乾杯がどうやら韓国の若い人たちのトレンドのようでした

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)