丹波黒枝豆が好きすぎて禁断の豆ご飯

広告

丹波黒枝豆が美味しすぎて

黒枝豆の最盛期は2週間

あまりに美味しい黒枝豆について調べてみました
なんとぶどう狩りやみかん狩りのように
丹波地区では黒枝豆狩りなるものがある

旬の時期は一周でなんと2週間です
10月に入ってからの解禁日まであるんですね

なぜ黒枝豆が美味しいいのか

丹波篠山市といえば兵庫県の内陸部です
寒暖の差が激しくその自然の影響で
美味しさが豆に貯蔵されるのでしょうね

美味しいお茶もやはり寒暖の差によって
その旨味が出るのと豆も同様なのでしょう

黒枝豆の塩茹ではこんな感じで湯がいています

普通に塩茹でして食べること3日目
ビールのお供に美味しくいただいていました
中身は、こんな感じの色です

黒枝豆を剥いてみた

さすがに黒枝豆の収穫も最終時期になると
黒さにますます磨きがかかってきます
それもそのはず黒枝豆をさらに1ヶ月も
放置するとお正月用の黒豆になります

普段、極力晩御飯では炭水化物である
お米は食べないようにしていたのだが
黒豆3日目もう我慢ができませんでした

生の豆を剥いてみるとこんな感じです

剥いたこの豆を入れて豆ご飯を炊きました

土窯で美味しく炊けました

土窯で炊くこと15分
吹き上がってきて火を止めて
蒸らすこと20分
炊きあがってみると黒枝豆の
皮の黒さが炊いたご飯に移っていました

炊き上がりは、こんな感じです

炊きあがった味は、ふっくらほっこり
豆というより栗に近い甘みでした

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)