Makuakeのクラウドファンディングに挑戦「大福帳」「大黒帳」

広告

Makuakeのクラウドファンディングに挑戦
「大福帳」「大黒帳」

江戸時代の商人が命の次に大切にした
顧客台帳が「大福帳」「大黒帳」です

火事とけんかは江戸の華とは
江戸の威勢の良さを表した言葉です

それほど江戸では火事が多かったようです
そんな中でこの時代の商人の営業スタイルは
基本的に掛売りで盆暮れに集金でした

ということは掛売りの帳簿になる
大黒帳は売掛台帳でこのデーターを元に
お客様からの代金回収をしていたわけで

いわゆる資産台帳でこれが無くなると
回収の手だてがなくなる
そんな大切な帳簿です

火事の折は、この大黒帳を水桶や井戸に
放り込んでデーターを守ったそうです

その現代版というと少し
おこがましいかもしれませんが

水濡れや引っ張りに強い
洗濯して洗えるほどタフな耐洗紙

を使って作ったストレージメモ・ノートが
今回の「大福帳」「大黒帳」です

耐洗紙を使って
文具女子の間で静かにブームになりつつある
日本伝統の和綴じ仕上げで
「大福帳」「大黒帳」を作ってみました

サイズ違いの大・中・小
タイプ違いの
書道文字・デジタル文字・エンボス・
中身の紙色が桃色の大黒帳などを
企画してみました

和綴じといえば国宝社さんが
日本古来の文化を残そうと時折
ワークショップをしたりして
この技術を伝承しようと
活動をされています

最近になって弊社が取り扱いする
洗濯時の識別をするために
開発された耐洗紙が
新たな素材として注目を浴びつつある

すでに商品化されたTAGGEDタグドシリーズ
先日来テレビや雑誌、新聞などの記事に
掲載されて少しずつ認知が上がってきました

またこの素材を使った新たなアイデアを
募集するのにこんなコンペも始まりました

あんなこんなで関わってくださる皆様と
5月のゴールデンウィークくらいまで
大いにこの話題で盛り上がりたいと思います

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)