海の京都、「宮津」食の醍醐味お酒とお餅

広告

冬の食の醍醐味で宮津カニツアーに参加してきました。前回のカニに続いて今度は、お酒とお餅編です。

西宮から中国道を経由で舞鶴自動車道を使って移動すると休憩しながら移動しても2時間半と意外と近い日本海の街宮津は、山あり海ありの風光明媚な美しい街です。

山あいを抜けて宮津の街に着くと昔ながらの古民家が立ち並ぶ街といま流行りのグランピングが楽しめるリゾートがあい混じったステキな街なんです。待合を抜けてしばらく更に海岸沿いを北に行くと古びた町に向井酒造さんがあります。

昔ながらの狭い通りを挟んで両サイドに工場とお店がありました。工場側では、詰められたお酒を一本一本丁寧に確認をしていました。

そして、通りを挟んで向かいのお店を見ると酒蔵がよく新酒ができたことを知らせる杉たまが軒先にぶら下がっていました。新酒も含めてどうやら試飲ができるそうです。中へ入ってみました。

何か遠い昔にタイムスリップした様な風情です。中では試飲がもう始まっていました。

飲んでみたのは、
「伊根満開」古代米・赤米の赤褐色のお酒
「京の春」特別純米酒で米の旨みとほのかに香るきもと仕込み
「舟屋の里」純米吟醸
「京の春」純米生原酒はマイルドでジューシーな味わいでした

どのお酒も日本酒ならではの水とお米のこだわりを感じるものでした。

次にお餅について「智恵の餅」という名物です。

智恩寺の山門前で300年以上も前から親しまれ、聞くところによると伊勢の赤福の原型とも言われているそうです。上品な甘さに弾力性のある程よい大きさのお餅がとても美味しかったです。

今日のまいどあり

食のツアーは、とても楽しく地産地消で地域の文化に触れられる楽しみがあります。そして、飲兵衛にとっては酒蔵の試飲は、この上ない楽しみです。また試飲したお酒を買い求め自宅でご近所の皆様と酒盛りをするのも一興です。それにしても、新型コロナウイルスの騒ぎが早く収まり春の花見を今回、購入したお酒で楽しみたいものです。

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)