簡単に自分でできる車庫証明の方法

広告

 車を売却する折に今回いろいろな事がわかりました。車の持ち主が変わると新しい所有者による車検証が必要となります。新たな車検証を取得するために必要なのが「車庫証明」です。

 通常、車を新しく購入する折は、大抵の場合は、車のディーラーが車庫証明をとってくれます。もしくは行政書士が車庫証明を取ってくれます。ゆえに自分で車庫証明を取りに行った事がありません。代行を依頼すると諸費用として5,000円〜20,000円ほどの経費がかかるそうです。そこで今回自分で車庫証明を取得してみることにしました。

 調べてみると結構簡単です。まず、最寄りの警察に電話をしてみると管轄の警察のホームページで手続きの方法として必要な書類が掲載されておりダウンロードして書面を作成し警察に届けるとのことでした。書面は、PDFもしくはエクセルが用意されています。必要な書類は、以下の4つです。

必要な書類①〜④

① 自動車保管場所証明申請書

② 保管場所標章交付申請書

③ 保管場所の所在図・配置図 (Googleなどの地図も可能)

④ 保管場所使用権原疎明書面もしくは承諾書

上記の4点に印鑑証明書を持って警察署に行き提出する折に申請手数料を2,200円+標章交付手数料500円を払う。これらの手続きをし後日警察から連絡があれば警察に行き車庫証明書受領する。

 たったこれだけのことをするのに代行をすると5,000円〜20,000円ほどの経費がかかるそうです。簡単にできることなので今回、良い経験になるとともに節約ができました。

今日のまいどあり⤴️

 今回、これらの手続きをするのに分かった納得できない現実が以下の内容です。

 自分の乗る車を購入するのにまとまったお金が必要です。そんな時に使うのが分割支払いです。大抵の場合は、クレジット会社に対して分割の支払いをします。その時に所有権は、全てのお金を支払ったのちもそのクレジット会社に車の所有権が残ったままになっています。

 全額支払いが済んだわけですから普通に考えると車の所有権は、支払いを終えた本人の所有となる様に思います。しかし、ほとんどの場合は、所有権の移転は行われず車検証には、初めに記載されたクレジット会社のままになっています。

 そこで車を改めて売却する折に名義変更の手続きが必要になります。この車の名義変更のために必要な書類に車検証や新所有者の印鑑証明書原本や実印が必要になります。

自分で経験すると色々と勉強になります。

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)