デジタル社会に合わせて進化するガストをこんなところで感じました

広告

お昼前に車で用事があって出撃。そして、ランチをどこでしようか?迷いに迷った挙句「ガスト」にしました。

ファミリーレストランにした理由

➀ファミレスのテーブル席の空間がありがたい
 会社から一番近いファミレスにはデニーズがあります。こちらは、一人で行くと案内されるのがカウンターテーブルでどうも落ち着きません。そこで今回は、少し離れたガストにしてみました。案の定、こちらのファミレスには、テーブル席のみで一人でもゆったり落ち着いて座れます。
中には、この様にヘッドホンで音楽を聴きながらゆっくり自分の仕事にふけっている人もいます。

➁ドリンクバーがある

 ドリンクバーもコーヒーのみしかないお店もたくさんあります。その中で言えばガストは、コーヒーの種類もオリジナル、アメリカン、カフェオレやエスプレッソなどコーヒーマシンですが選べる選択肢がありさらに紅茶も茶葉を数種類選ぶことができます。お店でくつろいでゆっくりしようと思えば味は、ともかくとして種類がないと長い時間を過ごすことができません。

自由に使える電源に感激

最近オープンするカフェなどは、Wi-Fiや電源は、当たり前の様に備えられています。しかし、ファミリーレストラン系統で充電できる電源はあまりありません。こちらは、お洒落ではありませんが、後付けで付けた電源に感激いたしました。

これは、結構ありがたいもんです。電気泥棒と言われることなく公然と充電ができるコンセントは、充電が切れかけたスマホには、天の恵です。

簡単いつながる Wi-Fi

フリーWi-Fiがお店にあって接続できました。しかも、簡単な操作ですぐに接続ができました。ステップは2つだけだそうです。

デジタル環境で省力化

お店の注文もダブレットからの注文形式でした。


 
テイクアウトまでこちらのタブレットを使うそうです。そしてアプリをダウンロードすると割引クーポンまで出るそうです。勇んで今日の支払いで割引してもらおうとダウンロードして会計の折に見せるとテイクアウトのみの割引でした(汗)お店もテイクアウトで売り上げを伸ばそうとそちらに力を入れているのがこれでよくわかります。

今回で一番、嬉しかったのは充電することのできるコンセントが各テーブルにあることがわかったことです

今日のまいどあり

本日のランチは、おかずのみです。鳥の天ぷらを頼んだと思ったのですが、注文が来てみるとどうみてもチキンナゲット???ヘルシーメニューで認知症予防のはずでした。タルタルソースの中にはいった漬物の歯応えが良くて何気に美味しかったです。

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)