時々スンドゥプチゲ(豆腐鍋)を食べたくなります

広告

9月に入りましたが、まだまだ暑い日が続きます。そして私は、夏バテプラス腰痛で先週から接骨院へ通っています。

ずっと以前から気になっている赤い看板のお店がこの接骨院のそばにありようやく今日念願が叶いました。

そのお店がこちらです。「スンドゥブチゲタン」です。

疲れてくるとこうやってパンチのきいた辛さが欲しくなったりします。スンドゥプチゲとは韓国の豆腐と味噌と唐辛子で辛さの聞いた鍋です。11:30からオープンということで12時少し前に一人で入りました。店内は、若い女性で一杯でした。店内は、テーブル席ばかりで30席弱の客席でした。

メニューを見るとスンドゥプが売りでこの様にメニューが充実していました。・豚キムチ・野菜・きのこ・コラーゲン鶏コク・豚肉・クルビン(魚イシモチ)・牛肉・牛トロトロ・ホルモン・かき・海鮮と有りました。

その中で私が今回楽しんだのが牛トロトロスンドゥプです。

韓国料理店独特のおかずにキムチやナムルが付いていました。ご飯は、石釜で焚いたものです。ふつう・1辛・2辛・3辛と辛さの好みをリクエストできます。1辛を頼みましたが結構な辛さでした。

石釜のご飯の残りはお湯を入れて粥のようにして食べました。

他にもメニューはアワビ粥やチャプチェ・サンゲタンビビン麺・チヂミ・豚足なども有りました。

営業時間は、11:30-14:30 17:00-21:00 定休日は水曜日です。

今日のまいどあり

身体が疲れてくると濃いい味の食べ物を身体が欲する様に思いっます。今日は、そこで辛さでパンチのきいた本格的スンドゥプをいただきました。例年1度は、取引の関係もあって韓国ソウルへ行くのですが今年は、コロナのおかげで行くことがありません。せめてスンドゥプを食べて韓国気分でした。

新型コロナウィルスの影響が1日も早く収束してもらいたい世界中、自由に行き来したいものです。

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)