「ゑぽっく」貝料理専門店の食レポです

昨今、感染症予防というところから会食の機会が激減する中で大阪の長堀橋で貝料理専門店で食事をする機械に恵まれました。

海鮮料理や魚介料理などと魚介類が得意な料理屋・居酒屋へは地方へ出張や旅行などに行った折に行くことがある。しかし、貝料理専門店となると中々行ったことがある人も少ないのではないだろうか。

お店の中に入ってみるとカウンター席がありそしてその奥に個室があります。今回は、緊急事態時でもあり3人での会食でした。貝専門料理というのが楽しみでありましたが、料理ばかりでなく味付けや見せ方そして接客もとても感じの良いお店でした。

お通しは、スープに季節野菜と貝の冷製です。

日本酒とお水をお願いするとグラスもしゃれてました。

前菜をお願いすると 貝の7種盛りです。

しじみのにんにく醤油漬け、ばい貝と大根の煮物、つぶ貝の自家製チャンジャ、磯つぶ貝香草バター焼き、板谷貝のポテトサラダ、姫サザエトマト煮込み、牡蠣のオイル漬けです。

広告

この後が、圧巻の貝づくしのお刺身です。

サザエに鮑にホッキガイに大アサリに・・・・説明がありましたがもう覚えられません。鮮度の良い貝刺身づくしです。

天然塩と甘めの土佐醤油でいただきました。

こちらが終わってかなりのボリュームです。次は、焼き物です。そして、なんとこの料理にあったビールがあることを初めて知りました。

もう、驚きとしか言いようがありません。

こちらに合わせて赤ワイン、白ワインをいただき最後の締めは、貝そばです。こちらがまた貝の出汁が効いたそばでした。

今日のまいどあり⤴️

初めての貝専門料理店の体験でした。正直、貝だけでな物足りないのではと、行く前は思っていたのですが何でも専門店ともなると奥が深いものです。貝好きな方にはたまらないお店かと思います。少し場所が分かりにくかったのですが素敵なお店でした。

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

購入はこちら

水に濡らしても紙が破れないメモを

広告

この記事を書いた人

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)