11月5日は「津波防災の日」世界津波の日なんです。ご存知でしょうか?

広告

先月末に新しく防災用として普段の暮らしの中でいざという時のために備える耐水ノートをクラウドファンディング始めました。

すると防災ということに頭の中でアンテナが立ってしまって気が付くと今日は、「津波防災の日」でして内閣府・防災推進協議会・防災推進国民会議主催のオンラインイベントに参加していました。

とても考えさえられることばかりでした。日本は、火山列島でそのために地震が多く発生したり島国で気候が海上の気温に左右されやすく、昨今大型の台風や線状降水帯などによる風水害が頻繁に発生します。

そして、大きな被害にさらされることが非常に増えてきました。そのようなことで参加したWEBイベントから多くのことを事例を踏まえて学ぶ機会となりました。そもそもこの11月5日が津波防災の日になったのは、1854年に起こった安政南海沖地震の稲むらの火に因んでだそうです。

全国5カ所をつないで防災への取り組みについての事例紹介でした。地域防災は、防災計画をきちんと作成してハードである施設の備えやソフトであるまさかのときの為のルールなど日常生活の延長上にある防災が必要ということを学びました。地域弱者へ対する対策や災害が起こった後の復興への取り組みの想定なども必要ということでした。

今日のまいどあり⤴️

一般的に関東再震災があった9月1日が防災の日として知られるところだが11月5日は津波防災の日だったそうです。この日が認知されたのもやはり東日本大震災の津波が大きな要因です。

天災は、忘れた頃にやって来ると言います。フェーズフリーつまり平常時と非常時という異なるフェーズを分け隔てなく取り扱うことがこれから必要となるのでしょうね。新型コロナウィルスしかりです。

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)