クラフトビール講座 3本セット Vol.2

広告

約2週間ほど前のクラフトビール講座の第2弾です。前回に引き続き同様に3本のクラフトビールが送られてきての開催です。

▼前回の様子はこちらです

第2回目のクラフトビール講座は、奈良醸造株式会社のビール特集です。

それではこちらの写真が、今回送られてきた3本のビールです。

初めに案内のあったビールは、主催者の株式会社CRAFT BEER BASEが提供のビールです。左側の紙包のビール「US Cascade」です。

ホップがふんだんに入った苦味のあるビールです。ホップとは、元々ビールを腐らさないように使ったそうです。キレのあるホッピーなビールでした。

そして、後の2本は奈良醸造株式会社のビールでした。

先ず、缶入りでアルファベットデザインがあしらわれた「FUTURA」(フーツラ)モルティーなビールで麦芽(モルト)をブレンドしているそうです。マリアージュは、ソーセージが良いそうです。

この後、奈良醸造株式会社の工場の工程についての解説がありました。

ビールの仕込み工程に着いてです。

1.麦芽粉砕 加減が肝

2.麦芽糖化 麦芽(酵素を含む)とお湯を混ぜる→でんぷんが糖分に変わる60分

3.濾過 繰り返し繰り返し

4.煮沸 100.3℃で殺菌

5.ワールプール 雑味が残る

6.発酵タンクへ移送 酵母で発酵させる

これらのついてZoomで解説がありました。

ビールの仕上げは、ボッピーなビールは鮮度を楽しむのに早めに仕上げる。モルティーなビールは発酵に時間をかけてゆっくりと仕上げるそうです。

最後にいちばん右の瓶ビール「PHILHARMONY」です。大和橘を使ったビール。独特な柑橘の苦味が際立つ繊細で深みのあるビール。

淡白な味わいでした。

奈良醸造株式会社さんの商品デザインは、どれをとってもオシャレでデザイナーさんとタッグを組んでいて出る新作ごとにそのイメージにあったラベルデザインになっているようです。そして、送られてきた今回のビールセットにはそれぞれのビールのポストカードも入っていました。

今日のまいどあり⤴️

美味しいビールの味には、深みとこくがあるそうです。それだけ手間隙をかけて作られたということで複雑な味わいなのでしょうね。

クラフトビール講座Vol.3が楽しみです。そしていよいよビールが美味しい季節になってきましたね。

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)