おっさんの焼鳥渋谷の定番「鳥竹」

広告

渋谷で一人焼肉を食らう

品川でホテルを取りそちらへ移動しようとしたのだが

さしていきたい晩御飯を考えた時に思い浮かぶ店も無くて
思い立ったように渋谷の「鳥竹」総本店でした

京王井の頭線の井の頭公園駅から品川のホテルに移動するのに
どのみち渋谷を経由するならばということでの選択です

この店実は、これで3回目です
1回目行ったのは、業界の仲間と一緒に連れて行ってもらいました
この時は、7、8名だったように思います

イメージは、とにかく串に刺している鳥が大きい

通常ならば、一本の串にささやかな鳥身が刺さっていいるのが定番
しかし、このお店の串は2本で大きめの鳥身をしっかりと刺している

牛も豚も鳥もさらに魚の切り身も含めてやはり大きめ肉厚が
素材そのものの味をぎゅっと中に残して美味しくいただけるように思う

2回目に行ったのは、確か去年東京勤めの息子と一緒に差し飲みでした
たまにタイミングが合うと一緒に酒盛りをする
息子は、池袋で勤めているのだが渋谷で待ち合わせてこの店に行った

そして今回が3回目で

いよいよおっさんの一人焼鳥にまで発展したw

地下は、禁煙スペースで2階は、喫煙スペース、そして1階は串焼きのスペースに
わずかのカウンターです

わずかのカウンター奥での一人のみです
生ビール中と突き出しで喉を潤し

そのあと
しいたけ

やきとり
つくね
笹身

ここでハイボール

そり(ももの付け根)

シメにもも焼きです

渋谷の街は、やきとり銀座の激戦区で選んだのが総本家「鳥竹」でした

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします