ファスティング体験第2回目を終えて

加齢とともに基礎代謝が低くなって年々脂肪が燃焼しにくい体になっていることを肌身で感じる歳になって来ました。

そして、拍車をかけるようにコロナ禍で自粛自粛と言われ続けめっきりと仕事で出張に出ることや仲間や家族と外食に出回ることが少なくなってきた。

そんなことで2年前から徐々に太り始めて困り果てていたところにグループファスティングの案内があり参加してみることにしてみました。先月に続き今月が第2回目です。月に一度の腸活です。

こちらのファスティングが良いのは、ファスティングの指導はもとよりわからないことの相談ができたりグループでの意見交換ができるために人ぞれぞれの状況や経過がわかり不安がないことです。

私にとって何が一番良いかというと厳格でうるさいファスティングでなくゆる〜いファスティングが何より合っています。

3日間のファスティング体験は、3日間アルコールとコーヒーなどのカフェイン摂取が製薬されるくらいです。1日目は準備食で軽く食事ができます。そして2日目は、絶食日です。この日は、指定のビタミンやミネラルのドリンクを飲んで体のデトックスです。このように炭酸水などで割ると飲みやすい腹持ちの良いドリンクです。

3日目は、回復食で梅流しなる腸の大掃除です。これは、大根を丸々1本炊いていただきます。私の場合、昆布にカツオぶしを入れて一緒に炊いています。

広告

初めは、大根のスープを少しずつ飲みます。空腹の胃腸にじんわりと染み入るように流れ込んでくるのがわかります。次に炊いた大根と一緒に梅干しでいただきます。そうすると体が熱ってくるのがわかります。

その後は、腸内に溜まった老廃物が一気に体の中から流れ出ます。そ爽快感がたまらないらしいのですが2日目から少しお腹を下していたせいなのか3日目の爽快感は、それほど有りませんでした。

こちらは、4/20から6/20までの体重グラフです。

今日のまいどあり⤴️

今回2日回目のデトックスとなりました。2日目が初回に比べての倦怠感が少しありました。幸いなことに空腹感はあまりなく過ごせたのは、ドリンクのおかげだったのかも知れません。上のグラフを見てわかる通り効果は、明らかに上がっています。上下のブレは大きいのですが上限の体重が減ってピーク時に73kgの体重が72kgとなり次回3回目の時には71kgにできるようにファスティング後の食生活に気をつけたいと思います。

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

購入はこちら

水に濡らしても紙が破れないメモを

広告

この記事を書いた人

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)