かっぱ寿司も定期的に行ってみるとちょっとした変化が、いろいろとありました。

今年2月に行ったかっぱ寿司での変化は、通常の回転しているレーンの他にあった目の前を通る新幹線レーンが無くなっていた事でした。

スシローやくら寿司やはま寿司との差別化として目に見える違いの代名詞が恐らく新幹線レーンにお寿司が走る事だった様に思います。その代名詞がなくなったのですからその時の変化は、大きかったわけです。

今回行ってみると新幹線レーンは、有りませんでしたが回転レーンは回っていました。この様なkんじです。

こちらに回っているのは、私の一押しの海老天ぷらの軍艦巻きです。あつあつ海老天の時は、格別に美味しいです。

目の前にあるタブレットパネルでは、宮城県のはえぬき米を使っていることが説明されていました。

そして、今回違ったのが「醤油」と「わさび」でした。

まずは、醤油が3種類になっていました。

広告

元からあった寿司醤油、そして減塩醤油ももしかしたらあったかも。今回初めて登場したのがだし醤油です。早速試してみました。ほんのりと甘めのお醤油でした。国産かつお節と日高産昆布からとっただし醤油です。ほんのり甘いお醤油でした。

次にわさびが変わったという事でした。

わさびの新鮮さが違ったのでしょうか?

今日のまいどあり⤴️

寿司のネタは、それぞれ時期のよって新たなメニューを提供してくれます。その時期以外の部分が変わった様です。美味しさのために日々変化を追求しているのですね。

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

購入はこちら

水に濡らしても紙が破れないメモを

広告

この記事を書いた人

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)