自然派料理芦屋amasoraは、身体に優しいお料理でした

コロナの緊急事態宣言が明けて飲み会や食事のお誘いも増えてきましたね。そんなことからいつも年の瀬に集まる飲み会の繰り上げ食事会です。

素敵なお店で素晴らしい仲間との食事会でした。

選ばれたお店が自然派料理【amasora】甘空です。

選び抜いた素材本来の美味しさを大切にし、手作りにこだわったお弁当・お惣菜・スイーツのお店だそうです。

パッと通りから見たところは、持ち帰りの少し小洒落た惣菜屋さんです。近くを車で通ることはありましたが入ったことは、一度もありませんでした。

定刻の時間にお店に行ってみて奥をのそいて見るのですがそれらしいレストランというか食事のスペースらしきものが外からはまるっきり判りませんでした。

お店の方に案内いただくと隣の住宅の扉を開くと素敵な空間があるではないですか?いやちょっと怪しい空間かもと思わせる入口でした。(笑)

広告

テーブルには、いつもの5人プラスゲスト5名の10人で貸切ので。とても良い雰囲気の空間でした。そして出されるお酒も食事も全て厳選された体に優しい旬の食材です。

スープは、クリマロンかぼちゃです。燻製ベーコンの香りも良くクリーミーな舌触りの甘みたっぷりのスープです。

次に出てきたのは、八寸スタイルで色々な惣菜をお出しいただきました。

料理の説明を伺ったのですが覚え切りませんので覚えているだけの記述です。

紫芋の煮付け、キャロットラペ、カブの◯◯◯、タンドリーチキン、そしてドライトマトを挟んだ秋刀魚は自然の香ばしさでした。

お酒が進みます。ワインもこだわりの赤と白を一緒に醸造させたチェコのワインで私の記憶が確かであればオーガニックワインのようでした。

くちの鱗を高知の天日の自然製法で作られた塩で時間をかけて焼いた表面は、パリパリの歯応えで中身はふんわりまろやかな舌触りな料理でした。

広告

メインは、赤牛のクレソンと松茸を巻き込んだすき焼き風でした。

仕上げは、炊き込みご飯に自慢のケーキでしたが最後は、写真も時間も忘れての楽しい食事会になりました。

場所はこちらです。

●ホームページ 自然派料理amasora

今日のまいどあり⤴️

久々のメンバーでの食事会並びに情報交換会でした。いつも素敵な場所をセレクトしてくれます。また、今回の5人のゲストは、素敵な方ばかりで素晴らしい生き方をされている方ばかりでした。話を聴かせていただいてとても学びになる内容ばかりでした。

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

購入はこちら

水に濡らしても紙が破れないメモを

広告

この記事を書いた人

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)