葡萄作り進捗記録は金のショベルから銀のショベルへ

過去最短記録更新で梅雨が明けました。これから暑い夏の日照りが続きますね。雨のはずの日曜日にお天気になり来年の準備に取り掛かりました。

葡萄棚を作る計画のために駐車場上に植えてから12年経過の雪やなぎを抜く作業をしました。

流石に植えてから12年にもなると狭い土地ですが縦横に根を張り巡らせていて抜き作業は至難の業でした。

それを証明するのがこちらの写真です。(あちゃー折れてる)

掘った場所はこちらです。

駐車場の上の猫の額ほどの植え込みです。12年ほどの年月で植物の根は、広げられるだけ敷地いっぱいに根が張ります。下がコンクリートの植え込みなので横へ横へと絡み合っていました。

根を掘り起こすために栗石を梃子にショベルを使ったところ何回もやっていると流石に本来の使い方と違いぐにゃっと折れちゃいました。

広告

そんなわけで今回新しく買い替えたのは、金のショベルから銀のショベルです。これから残りわずかの雪柳を撤去するのに使います。

そして2年前に植えた肝心の葡萄はというと赤も白もわずかではありますが実をつけてくれました。嬉しいです。

▼こちらがメルローの赤

▼そしてこちらは、コーヌヴェルトの白

現在は、ロープを貼りツルを巻き付けているだけです。これから晩夏から秋にかけての台風が来るかもしれません。これに備えてこの夏は簡単な葡萄棚を制作の予定です。

今日のまいどあり⤴️

2年目にして実をつけてくれた葡萄の実に対して頼りないロープ1本で育てています。今年は、まだしも来年さらにツルが伸びて実をたわわに実らせるなんて妄想すると思わず顔が綻んできます。重い腰をあげて狭い駐車場上の植え込みを改装してしっかりとした葡萄棚を作りたいと思います。今回は、とりあえず記録まで

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

購入はこちら

水に濡らしても紙が破れないメモを

広告

この記事を書いた人

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)