浅草名物栗入り芋きんで満願成就と行きたいものです

広告

待ちに待った来客がお越しになりました

文具関連のコーディネーターです
ある会社のご紹介で
引き合わせていただきました

お会いして話していると
いくつかのことに気がつきました

ノートは空白のページをうまく使う

これは、いろいろと発想する中で
走り書きをされるます

私の場合、ノートはぎっしり書いたり
行間もつめつめで文字を書きます

でも違ったんですね

ポツリと書いて
続けて多くを書き込まない

そして、都度都度、間に書き込めるようにしている
そんな風に見えました

言葉もそうですね言葉と言葉の間の
空気を味わうと言うか

人それぞれ表現方法は違いますが
言葉の使い方やスピード音程で
その人となりを感じるものです

つまりは、その間にこそ
パーソナリティーが出ると言うか

ちょっと飛躍しすぎましたが・・・
でもノートも空間をうまく使うことで
何倍も価値を作れるような気がしました

人な話を注意深く聴く

人の話す言葉には、いろいろなヒントが
詰まっています
ちょっとした一言にヒントを得る

何気ない一言から大ヒットが生まれたり
そんなことがあるのかもしれませんね

容姿風貌の固定化は、イメージの紐付け

今回来られたお客様は、ボーダーのTシャツに
なぜかスパイク付きのサッカーシューズ
これ、おかしくないですか?

いつもトレードマークとして個性的な
色合いのTシャツをきていらっしゃるそうです
そして何よりも変なのがグランドでもない

舗装道路の上をスパイク付きのサッカーシューズ(笑)
歩くたびにコツコツと結構な音がするんです
思わずガン見してしまいました

これらは、皆んなその人であることへの
印象付けだったり変わったいでたちが
話のきっかけだったりするそうです

もうこうなって来るといろいろな意味づけを
感じざるに入られません

最後に浅草名物栗入り芋きんで満願成就

こう行きたいものです
浅草名物満願堂の
栗入り芋きんをいただきました

浅草名物で和のお茶受けが嬉しい
そして何よりも満願堂と言う名前が
一緒にビジネスで願いを叶えようと
そんな風にも取れるお土産を
いただいたことをとても嬉しく思いました

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします