アート盛上げ印刷株式会社さんで学ぶ特殊印刷

広告

印刷の勉強に行ってきました
一言で印刷といっても
色々な技術の加工があります

先日は、堺の株式会社羽車さんという
関西では大手の封筒会社で
封筒のことについて学ばせていただきました

今回は、新たに2つの盛上げ印刷について
学ばせていただきました

なぜこのように学ぶのかは
我々が専門に取り扱いをする洗える紙を
もっと世の中で役に立つ存在として
活かせる可能性があると考えるからです
私たちができることは、限られています
そこで弊社でできる加工の範疇を超えて
さらに可能性を広げてみたいという
思いからの訪問でした

印刷の付加価値には、普通に印刷する
表現力だけではなく最近は特に様々な
加工技術があるようです

今回のテーマは、盛上げ印刷についてです
印刷の方法には2つあるそうです

1.バーコ印刷
2.UVクリアー厚盛印刷
があります

それぞれに特徴があります

先ずは、バーコ印刷です
 「バーコ印刷」は盛り上げ印刷の一種で、
アメリカのバーコ社が開発したためこの名で呼ばれている
バーコ印刷では、熱によって膨らむ樹脂パウダーを
印刷面に付着させ、熱を加えて盛り上げるという方法をとる
表面はつややかで、やや凹凸のある味わい深い仕上がりになる
使用する樹脂パウダーは、透明、金銀、白、パール、ラメ
などの色がある。オフセットで印刷、加工できるため、
スピーディーに仕上がるのが特徴だ
欧米では名刺などに多用されている
光沢感のある仕上がりで、表面にゆるやかな
凹凸があるのが特徴です
  参照:https://www.mdn.co.jpより

次にUVクリアー厚盛印刷です
盛り上げ印刷の加工方法のひとつです
UVクリアの盛り上げ加工はシルク印刷です
厚盛用の版でクリア(透明)インクを刷り、
紫外線にあて硬化させ隆起を作ります
表面加工(PP貼り、ビニール引き、二ス引き)も可能です
線が盛り上げるのが特徴です
  参照:アート盛上げ印刷ホームページより


  

これらの他にも箔押しや
押し型などで紙を挟み込む方法もあります

アート盛上げ印刷株式会社さんで
特殊印刷を学ばせていただきました

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)