2本目のぶどう苗メルローを植えました。これでめでたく紅白になりました。

広告

▲メルローの苗は、こちらです。

 根が長くたくさんの枝分かれ状態です。ぶどうの木は、下に下に根を伸ばし乾いた気候の中で水分を求めて地中深く根を伸ばします。

 前回植えた苗は、白のコリーヌヴェルトという新種でしたが、今回の品種は、メルローです。昔からある赤の定番品種でブレンドするにせよそれだけで醸造するにも最適の品種です。

 植える場所は、1m四方の狭い土地です。こちらを深く掘って腐葉土と苦土石灰を混ぜて植えます。

以下Wikipediaより

メルローまたはメルロ(Merlot)は、フランスのボルドーを原産地とする赤ワイン用ぶどう品種である。

 特徴は同じボルドーの代表的なぶどう品種であるカベルネ・ソーヴィニヨンに比べると、色はやや朱色を帯びており、香りはカベルネ・ソーヴィニョンがブルーベリーのような、フローラルな香りがするのに対し、メルローはプルーンのような、熟した黒い果物の香りがすると言われている。味は、カベルネ・ソーヴィニョンほど、酸味やタンニンは強くなく、芳醇でまろやかな味わいである。

▼先日の白ぶどうの記事はこちらです

 3年目くらいより少しずつ収穫ができるようです。植物の成長に合わせて自分自身もまだまだ成長したいと思います。

今日のまいどあり⤴️

 今日は、昼過ぎに友達の訃報を聞きました。とても親しくしてもらっていた友達です。突然の訃報でした。明るく情に厚い、人一倍心配りのある友達でした。人間の一生は、儚いものですね。生きているうちが花です。生あるうちに世に何を残すのか?そう思うと私の場合、人生62年間生きてきて未だ何もなし得てません。生きてる間に何かを成すには、あと60年くらいは必要な気がします。まずは、心と体の健康が一番ですね。

広告

洗えるメモ帳を作っています

クリーニングに使う、洗える紙で作ったメモ帳。使い方はあなたのアイデアで、自由自在に。

この記事を書いた人

マッキー

人生 山あり 谷あり 毎度あり!

 洗える紙をつくっています
 マインドトークならぬ「まいどトーク」(^_−)−☆
 脳を肯定的にシフト 自分の機嫌は、自分で取り
 日々の健全度をUPする

株式会社共生社 代表取締役
1970年創業 クリーニング業界のサポーターとして
クリーニング洗浄時の識別タグラベルの製造・販売
クリーニング受付POSシステム製造・販売・
サポートを国内外で行う

ホッチキスレスによるクリーニングタグの脱着ができる
スマートエコタグの開発・販売
また同様にクリーニングタグに通すだけで使える
同様のタグを開発販売を行う

2014年よりクリーニング・タグに使われる
洗浄できるタフな紙「耐洗紙」を文房具に転用した
「TAGGED(タグド)」MEMOなどを展開中で
新ジャンルへのチャレンジを試みている

●生年月日:1958年11月19日
●誕生地:大阪 ●育ち:神戸
●趣味:トレッキング・ゴルフ・バイク
 

(発言は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。)