神戸ビーフ?三田牛?曖昧な疑問から三田で人気のお店に行ってみた

いつも三田方面に行った時には、牛肉を買って帰ります
安くて美味しい人気店があるからです

いつもお世話になっているお店は山垣畜産という
テレビや雑誌に多数掲載されているお店です

こちらで買うお肉はもちろん美味しいのです
ところがここ数年じわりじわりとこの価格が上がってきました

そこで新規開拓も含めて地元の親友に美味しいお肉を
買えるお店を尋ねたところ以外にも違うお店の名前を
教えられました

そのお店が肉のマルセです
山垣畜産さんからすると同じ三田でも
かなり奥まった地区でアクセスが悪い場所です
しかし、地元民からはこよなく愛されているようでした

▼お店の外観です

▼店内の様子

広告

こちらのお店で購入したのは牛肉300gを2パック
高級部位の切り落とし300g
美味しそうなコロッケ10個入りパック
どういうわけか豚ヘレ肉以上です

お店のガレージに土日だけの屋台が出ていました
そこでは牛串500円特製肉うどん400円となっていました

▼ガレージ屋台

こちらでは、牛串食べるには車でお酒が飲めないので
特製肉うどん400円をいただきました
甘辛く煮込んだお肉がたっぷりでした

▼特製肉うどん400円

美味しゅうございました

さて三田牛と神戸ビーフどう違うのか疑問ですよね

広告

Wikipediaで調べてみました
●三田牛
現三田市周辺の旧有馬郡には、三田藩、幕府御三卿の田安家、
御所などの領地があり、米の生産地で農耕用や荷役用の牛が飼育されていた。
特に年貢米を運ぶ荷役牛が痩せているのはお家の恥として、
牛を太らせる飼育方法を行っていた。

開国により神戸港が開港すると、外国人居留地ができ外国人の食用として
肉の需要が生まれたが、当時の日本では食用の牛の飼育は
行っていなかったため、明治維新で年貢米を収めることがなくなり
余っていた三田の荷役牛を食用にしたところ、
太らせる飼育方法で霜降り肉だった三田牛は美味しいと絶賛され、
神戸の食肉業者がこぞって三田の牛を買い付けた。
このことから世界に知られる神戸ビーフの元祖は
三田牛の肉だったと言われる。

近代になると食肉を主目的とする生産が始まり、
一部の畜産農家では神戸ビーフ(神戸牛)としての販売を目指した
肥育もおこなわれるようになった。
こうした中、
三田市で肥育された但馬牛が「神戸ビーフ」のブランドに
埋没していく危機感から、1986年に三田肉流通振興協議会が設立された。

●神戸ビーフ
兵庫県産(但馬牛)のうち、歩留等級が「A」または「B」等級ならば
「但馬牛(たじまぎゅう)」「但馬ビーフ」「TAJIMA BEEF」と
呼称される牛肉となる

このうち、以下の全ての基準を満たした牛肉は、
「神戸ビーフ」、「神戸肉」(以上は正式名称)、
「神戸牛(こうべうし)」、「神戸牛(こうべぎゅう)」、
「KOBE BEEF」との呼称を用いることもできる[5]。

メスでは未経産牛、オスでは去勢牛
脂肪交雑の牛脂肪交雑基準(BMS)値No.6以上
枝肉重量がメスでは230〜470kg、オスでは260〜470kg
瑕疵の表示がある枝肉は、神戸肉流通推進協議会の
委嘱会員の判定に依存
「神戸ビーフ」の基準を満たしている牛肉は、
「神戸ビーフ」と「但馬牛(たじまぎゅう)」のいずれかの
銘柄名を任意に選んで出荷することが可能である

何れにしても但馬牛の枝分かれで
三田牛やら神戸牛と言われているようですね

肉のマルセはこちらの場所にあります

最新の情報をお届けします